2022-05

上方漫才を彩った人々(仮)

吉田福若・小若

吉田福若・小若は戦前戦後活躍した漫才師兼浪曲師。「掛合浪曲」という浪曲をベースにした立体舞台と女道楽風の芸で人気があった。二代目吉田奈良丸門下だった関係から、「姉妹浪曲吉田福若・小若」として浪曲番付にも記載されるという珍しい漫才師である。
上方漫才を彩った人々(仮)

小山慶司

小山慶司は戦前活躍した漫才師。関東大震災以前より活躍、「野球節」と呼ばれる独特の漫才で人気を集めた。兎に角息が長い漫才師だったらしく、高度経済成長期まで活躍したというのだから大したものである。林田五郎、荒川雪江、小山琴路と相方を転々とした。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました