2022-11

上方漫才を彩った人々(仮)

河内家芳春(初代)

河内家芳春は漫才勃興期に活躍した上方の漫才師。河内家千代鶴と共に河内音頭から漫才師となり、「河内家」の一流を立ち上げた。河内音頭の名門として君臨をし、多くの門下を輩出。ミスワカナ・玉松一郎、ミスワカサ、河内家菊水丸なども元を辿るとこの芳春に行きつくという。
上方漫才を彩った人々(仮)

江美領一・花園ベティ

江美領一・花園ベティは戦後から平成にかけて活躍した夫婦漫才である。美声・美貌・舞台度胸の三拍子そろった花園ベティが、痩せぎすで頼りない領一を罵倒やからかいながら、領一のギターを相手に歌謡曲や浪曲を唸るという古風な女性優位の音曲漫才を得意とした。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました