上方漫才を彩った人々(仮)

荒川ラジオ・久栄

荒川ラジオ・久栄は戦前大阪・名古屋を中心に活躍した漫才師。名古屋ではなかなか由緒のある大御所漫才師だったそうで、一流を築き上げた。戦後、兄弟漫才で一世を風靡した若井はんじ・けんじの母方の祖父母に当たる(ラジオの娘・小夜子がはんじけんじの母親)。
上方漫才を彩った人々(仮)

杉京美・マサル

杉京美・マサルは戦前戦後活躍した姉妹漫才師。漫才師一本というよりはタップダンス、児童劇、唱歌など、少女の初々しさを前面に押し出した芸で人気を集めたという。7歳・9歳でデビューしたというのだから早い。少女タレントの先駆けというべきだろうか。
上方漫才を彩った人々(仮)

ミヤコ小蝶・鳥尾アキラ

ミヤコ小蝶・鳥尾アキラは戦後活躍した漫才師。名前の通り、上方女流漫才の傑物・ミヤコ蝶々の弟子である。夫婦漫才だったそうで、両人共に蝶々よりも年上であったにもかかわらず、弟子になった。小蝶は非常に小柄であったそうで、「ミヤココチョマキ」と綽名された。
上方漫才を彩った人々(仮)

吉田福若・小若

吉田福若・小若は戦前戦後活躍した漫才師兼浪曲師。「掛合浪曲」という浪曲をベースにした立体舞台と女道楽風の芸で人気があった。二代目吉田奈良丸門下だった関係から、「姉妹浪曲吉田福若・小若」として浪曲番付にも記載されるという珍しい漫才師である。
上方漫才を彩った人々(仮)

小山慶司

小山慶司は戦前活躍した漫才師。関東大震災以前より活躍、「野球節」と呼ばれる独特の漫才で人気を集めた。兎に角息が長い漫才師だったらしく、高度経済成長期まで活躍したというのだから大したものである。林田五郎、荒川雪江、小山琴路と相方を転々とした。
上方漫才を彩った人々(仮)

小間ロイド・林華嬢

小間ロイド・林華嬢は戦前戦後活躍した漫才師。夫婦であったという。「漫才」とはいうものの曲芸を中心とした特殊な漫才を展開。関西では貴重な曲芸家枠として活躍した。ロイドはサーカス、華嬢は奇術師という前歴も異色であり、それが売りであったともいう。
上方漫才を彩った人々(仮)

北晴夫・南容子・東ひさし

北晴夫・南容子・東ひさしは戦後活躍した漫才師。晴夫と容子は夫婦であり、晴夫は戦前からの古参漫才師。ひさしは元々のど自慢出身の歌手で歌謡漫才に転じたという異色の経歴の持ち主であった。晴夫の三味線、容子のマラカスと歌、ひさしのアコーデイオンの賑やかな音曲漫才を展開した。
上方漫才を彩った人々(仮)

東雲立子

東雲立子は戦前~戦後活躍した女流漫才師。戦前は旦那の東雲立坊とコンビを組み、戦後は三味線コント、下座を経て、小松まこととのコンビで復活。最晩年は東みつ子とコンビを組んで、三味線歌謡漫才を展開。大須演芸場や巡業を中心に、平成まで活躍をつづけた。
上方漫才を彩った人々(仮)

南ふく子

南ふく子は、戦前戦後活躍した女流漫才師。浅田家朝日・浅田家日佐丸の実妹という名門の家柄に生れ、浅田家日佐絵としてデビュー。戦前は新興演芸部に在籍していた。戦後は「てんのじ村」のモデルで知られた東みつ子とコンビを組んで、三味線漫才や女道楽風の音曲漫才で人気を集めた。
上方漫才を彩った人々(仮)

五条家牛若

五条家牛若は戦前活躍した漫才師。五条家弁慶とコンビで「五条家牛若・弁慶」と名乗っていたが謎が多い。震災以前の大御所で、小柄で機敏な漫才を得意としたというが資料が殆どない。わずかに昭和の人気漫才師、五条家菊二・松枝の菊二の師匠として名を残す程度か。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました