2022-06

上方漫才を彩った人々(仮)

杉京美・マサル

杉京美・マサルは戦前戦後活躍した姉妹漫才師。漫才師一本というよりはタップダンス、児童劇、唱歌など、少女の初々しさを前面に押し出した芸で人気を集めたという。7歳・9歳でデビューしたというのだから早い。少女タレントの先駆けというべきだろうか。
上方漫才を彩った人々(仮)

ミヤコ小蝶・鳥尾アキラ

ミヤコ小蝶・鳥尾アキラは戦後活躍した漫才師。名前の通り、上方女流漫才の傑物・ミヤコ蝶々の弟子である。夫婦漫才だったそうで、両人共に蝶々よりも年上であったにもかかわらず、弟子になった。小蝶は非常に小柄であったそうで、「ミヤココチョマキ」と綽名された。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました