上方漫才を彩った人々(仮)

上方漫才を彩った人々の経歴と逸話です

上方漫才を彩った人々(仮)

長門英二・佐々木昭六

長門英二・佐々木昭六は戦前の吉本で活躍した漫才師。俳優上がりの演技や構成力を生かして「水兵漫才」を開拓。本式の軍服を着て、上官と下っ端のドタバタ喜劇からの奮戦、戦死と劇的に描くドラマチックな漫才と演技で一躍人気者になったという。戦後消息不明となる。
上方漫才を彩った人々(仮)

東鶴八・西鶴次郎

東鶴八・西鶴次郎は、戦後一時期活躍した夫婦漫才。両人ともに三味線と音曲を得意とし、「万才」の趣の強いコンビであったという。鶴八は後に独立して、「徳永はる」というお囃子さんに転向。下火になっていた上方落語のお囃子の貴重な継承者として、腕を振るった。
上方漫才を彩った人々(仮)

和朗亭の記録 第41~60回

和朗亭は、1974年7月6日から1976年3月27日までの1年半、朝日放送で放映されていた演芸番組である。落語や諸芸への見識の深かった桂米朝が司会・席亭役となって、古い芸人や諸芸雑芸、時には自分も参加して古典落語を演じるなど、「古き時代の寄席」をモットーにした番組であった。その記録3である。
上方漫才を彩った人々(仮)

和朗亭の記録 第21~40回

和朗亭は、1974年7月6日から1976年3月27日までの1年半、朝日放送で放映されていた演芸番組である。落語や諸芸への見識の深かった桂米朝が司会・席亭役となって、古い芸人や諸芸雑芸、時には自分も参加して古典落語を演じるなど、「古き時代の寄席」をモットーにした番組であった。その記録2である。
上方漫才を彩った人々(仮)

河内家目玉・鶴江

河内家目玉・鶴江  人 物  河内家かわちや 目玉めだま ・本 名 乾 勇 ・生没年 1899年~昭和末? ・出身地 ??  河内家かわちや 鶴江つるえ ・本 名 ...
上方漫才を彩った人々(仮)

浮世わたる・とおる

浮世わたる・とおるは戦後活躍した漫才師。浮世わたるは浮世亭歌楽門下の古株漫才師で、とおるは、筑波武蔵門下の浪曲師出身。わたるは後年山崎正三門下に戻り、「山崎正伍」と改名。とおるは浪曲界へ戻り、「二代目筑波武蔵」を襲名。上方浪曲界の大御所として奮闘を続けた。
上方漫才を彩った人々(仮)

浮世亭夢丸

浮世亭夢丸は、戦前戦後活躍した漫才師。砂川捨丸の一番弟子として、長く捨丸一門を支え、また当人も「浮世亭家元」として君臨。弟の浮世亭歌楽と共に、浮世亭出羽助、浮世亭夢路、浮世亭夢若、浮世亭公園などの人気者を育て、漫才界随一の山脈を形成した。また、古典万歳や三曲萬歳の復活にも熱心であった。
上方漫才を彩った人々(仮)

タイヘイトリオ

タイヘイトリオは、夢路・洋児・糸路で結成された戦後の漫才トリオ。「ロマンショー」と称して、爆発的な人気を集めた。その人気と派手な舞台は「草木も生えぬ」と綽名された。タイヘイ夢路は、親分肌の持主で多くの若手や新人を囲い、「タイヘイ一門」を形成。ここから「レツゴ―三匹」「ザ・ぼんち」などが誕生した。
上方漫才を彩った人々(仮)

浜お龍

浜お龍は戦前戦後活躍した女流漫才師。長らく夫の河内家鶴春とコンビを組んでいた他、奇人で有名な松葉家奴、上方漫才の大御所、橘家太郎などとも漫才を組んでいた事もある。晩年は三味線を片手に女道楽風の漫談や音曲をやっており、貴重な芸風を留める存在として珍重された。
上方漫才を彩った人々(仮)

東文章・こま代

東文章・こま代は戦後活躍した夫婦漫才師。文章は芸歴が古く、元々は都家文雄門下の「都家文昭」と名乗った人物。こま代は、秋田民謡の一座の出身で、レビューの女優から漫才師になったという変わり種。師匠譲りの「ボヤキ漫才」を得意とし、主に映画を皮肉る独自の路線を開拓した。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました