藝かいな案内

藝かいな案内

 調査研究報告と研究費・サイト運営費捻出のために、2021年から調査報告冊子「芸能研究 藝かいな」を発行することとなりました。

 買い方は簡単!

1部1000円(1号のみ祝儀価格で600円です)

1、目安箱TwitterのダイレクトメッセージFacebookのMessengerから部数、送り先情報をお送りください。
2、すぐさま管理人が返答いたします。送料は基本無料です。
3
、問題なければレターパックでお送りします。支払方法は、銀行振り込み、アマゾンギフト、paypayなんでも取り揃えております。

「芸能研究 藝かいな」創刊の挨拶

ご挨拶

 二〇二〇年に発生したコロナの流行は、改めて死の恐怖や身近さを再確認させるものでした。人間はいつか死ぬ、しかしいつ死ぬかは誰にもわからない――これは私自身にも言えることです。

 まだまだ未熟な人間、調査屋ではありますが、この未熟のママぽっくり死ぬ可能性も無きにしもあらず、そうなった時、集めた知識や資料が散逸するのが、惜しく、やるせない思いがしてきてならないのです。

 そんな未練や苦しみから少しでも解放され、少しでも足跡を残そう――取材や資料を元に構築した芸能調査の数々を何とか形にして世に問おう、と考えた末。この「藝かいな」創刊に踏み切ることに致しました。

 信条や理念こそ格好良く言ってみましたが、肩ひじを張らずに済む研究調査書を目指します。

「藝かいな」という冊子名は、芸能世界を示す「芸界」と寄席音曲の名作「縁かいな節」をかけた、洒落のような形で考えついたものです。そして、漫才や雑芸といった、これまでの学術や芸能界からはいささか下に見られていた、「これは芸かいな?」という風潮に対する挑戦でもあります。

 洒落といえば洒落、挑戦といえば挑戦――ともあれ、こうして読者の皆々様の手に渡るのも、何かしらの「縁かいな」と考える所存であります。応援、賛同は研究者にとってこの上ない幸せ。

 何号出せるかわかりませんが、三号で潰れる「カストリ」にはならないように頑張ってまいります。

♪ 研究調査 道楽の 果てに積もる 縁や資料の 道標芸能が取り持つ縁かいな

神保喜利彦山人

巻号案内

第1号(2021年1月発行・2月発売)

※発売中(残部あり・ご祝儀価格600円)

見本(※印刷出来上がりとは若干異なります)

1号目次
 3頁/論考「戦後、東京漫才は何組いたのか?」~キーワードは1952・1953~
13頁/連載「太神楽・二人和楽の謎(一)」
34頁/「演芸放送面影草」
41頁/「演芸寫眞保存館」
43頁/「余禄の屑籠」
47頁/「編集後記」

第2号(2021年2月発行・3月発売)

※発売中(残部あり・1000円)

見本(※印刷出来上がりとは若干異なります)

2号目次
 1頁/連載「松葉家奴の洋行 ~ハワイへ行った漫才一代男~(一)」
24頁/連載「太神楽・二人和楽の謎(二)」
45頁/「演芸放送面影草」
57頁/「演芸寫眞保存館」
59頁/「余禄の屑籠」
67頁/「編集後記」

第3号(2021年3月発行・4月発売)

※4月25日頃発売(1000円)

3号目次

 1頁/連載「松葉家奴の洋行 ~ハワイへ行った漫才一代男~(二)」
24頁/連載「太神楽・二人和楽の謎(三)」
52頁/「演芸放送面影草」
66頁/「演芸寫眞保存館」
73頁/「余禄の屑籠」
75頁/「編集後記」

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました