2022-04

上方漫才を彩った人々(仮)

小間ロイド・林華嬢

小間ロイド・林華嬢は戦前戦後活躍した漫才師。夫婦であったという。「漫才」とはいうものの曲芸を中心とした特殊な漫才を展開。関西では貴重な曲芸家枠として活躍した。ロイドはサーカス、華嬢は奇術師という前歴も異色であり、それが売りであったともいう。
上方漫才を彩った人々(仮)

北晴夫・南容子・東ひさし

北晴夫・南容子・東ひさし 東ひさし・北晴夫・南容子(左から)※辻脇保夫氏撮影 正司歌江とコンビ 最晩年のひさし・みつ子コンビ  人 物 ...
上方漫才を彩った人々(仮)

東雲立子

東雲立子は戦前~戦後活躍した女流漫才師。戦前は旦那の東雲立坊とコンビを組み、戦後は三味線コント、下座を経て、小松まこととのコンビで復活。最晩年は東みつ子とコンビを組んで、三味線歌謡漫才を展開。大須演芸場や巡業を中心に、平成まで活躍をつづけた。
上方漫才を彩った人々(仮)

南ふく子

南ふく子は、戦前戦後活躍した女流漫才師。浅田家朝日・浅田家日佐丸の実妹という名門の家柄に生れ、浅田家日佐絵としてデビュー。戦前は新興演芸部に在籍していた。戦後は「てんのじ村」のモデルで知られた東みつ子とコンビを組んで、三味線漫才や女道楽風の音曲漫才で人気を集めた。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました