喜利彦山人

上方漫才を彩った人々(仮)

荒川キヨシ

荒川キヨシは戦前戦後活躍した漫才師。木魚を叩きまくって早口に唱える阿呆陀羅経を中心に、大津絵、都々逸、数え唄を取り入れた古風な「音曲漫才」を得意とした。長身でヒョロヒョロ、黒縁の大きな眼鏡をかけていた事もあり、「カマキリ」の愛称で慕われた。
上方漫才を彩った人々(仮)

浅草四郎

浅草四郎は戦後活躍した漫才師。姿三平とコンビを組んで「三平・四郎」で売り出し、続いて岡八郎と組んで「四郎・八郎」。ハイセンスなしゃべくりとコント仕立ての漫才で人気を集め、テレビ・ラジオを総なめする程の人気を集めたが、酒のために遂に前途をしくじり、自殺を遂げた。
上方漫才を彩った人々(仮)

桂枝輔

桂枝輔は、戦前から戦後にかけて活躍した漫才師。「桂枝助」とも書く事もある。桂枝輔という芸名の通り、元々は落語家の出身であった。大八会に所属をしていたが、どちらかというと雑芸色の強い地方巡業専門の芸人だったと聞く。 後年漫才師になり、老年まで活躍を続けた。
上方漫才を彩った人々(仮)

荒川ラジオ・久栄

荒川ラジオ・久栄は戦前大阪・名古屋を中心に活躍した漫才師。名古屋ではなかなか由緒のある大御所漫才師だったそうで、一流を築き上げた。戦後、兄弟漫才で一世を風靡した若井はんじ・けんじの母方の祖父母に当たる(ラジオの娘・小夜子がはんじけんじの母親)。
上方漫才を彩った人々(仮)

杉京美・マサル

杉京美・マサルは戦前戦後活躍した姉妹漫才師。漫才師一本というよりはタップダンス、児童劇、唱歌など、少女の初々しさを前面に押し出した芸で人気を集めたという。7歳・9歳でデビューしたというのだから早い。少女タレントの先駆けというべきだろうか。
上方漫才を彩った人々(仮)

ミヤコ小蝶・鳥尾アキラ

ミヤコ小蝶・鳥尾アキラは戦後活躍した漫才師。名前の通り、上方女流漫才の傑物・ミヤコ蝶々の弟子である。夫婦漫才だったそうで、両人共に蝶々よりも年上であったにもかかわらず、弟子になった。小蝶は非常に小柄であったそうで、「ミヤココチョマキ」と綽名された。
上方漫才を彩った人々(仮)

吉田福若・小若

吉田福若・小若は戦前戦後活躍した漫才師兼浪曲師。「掛合浪曲」という浪曲をベースにした立体舞台と女道楽風の芸で人気があった。二代目吉田奈良丸門下だった関係から、「姉妹浪曲吉田福若・小若」として浪曲番付にも記載されるという珍しい漫才師である。
上方漫才を彩った人々(仮)

小山慶司

小山慶司は戦前活躍した漫才師。関東大震災以前より活躍、「野球節」と呼ばれる独特の漫才で人気を集めた。兎に角息が長い漫才師だったらしく、高度経済成長期まで活躍したというのだから大したものである。林田五郎、荒川雪江、小山琴路と相方を転々とした。
上方漫才を彩った人々(仮)

小間ロイド・林華嬢

小間ロイド・林華嬢は戦前戦後活躍した漫才師。夫婦であったという。「漫才」とはいうものの曲芸を中心とした特殊な漫才を展開。関西では貴重な曲芸家枠として活躍した。ロイドはサーカス、華嬢は奇術師という前歴も異色であり、それが売りであったともいう。
上方漫才を彩った人々(仮)

北晴夫・南容子・東ひさし

北晴夫・南容子・東ひさしは戦後活躍した漫才師。晴夫と容子は夫婦であり、晴夫は戦前からの古参漫才師。ひさしは元々のど自慢出身の歌手で歌謡漫才に転じたという異色の経歴の持ち主であった。晴夫の三味線、容子のマラカスと歌、ひさしのアコーデイオンの賑やかな音曲漫才を展開した。

You cannot copy content of this page

タイトルとURLをコピーしました