奴さん伝説~松葉家奴、その奇行~

奴さん伝説~松葉家奴、その奇行~

 松葉家奴は奇行と名人芸の持ち主で、今でも上方芸能界の一大奇人として、その名を残している。芸のキャリアよりも、人間としての逸話をここまで残した人はそうあるものではない。ある意味ではスカタンと綽名された初代桂春団治に匹敵するものがある。

 奇行の多くは無茶苦茶で、現在だったら炎上必須なものもあるが、然し、それが愛嬌になってしまうのは、純真で天真爛漫、底抜けにお人よしであった奴さんの人柄ゆえであろう。

 今回はそんな松葉家奴さんのエピソードをまとめてみた。未熟な所もあるかもしれないが、奴さんに免じてほしい。

奴さんの経歴とその芸

 奴さんのエピソード――の前に、奴さんの素性、プロフィールをざっと紹介しておこう。漫才の本に名前こそ出てくるものの、その経歴を詳しく説明した本は殆どない。目下そのまとめを作っているが、なかなか多彩な経歴を辿ってきた人物であることがわかる。

 以下はその経歴である。今回調査して明らかになった情報も多くある。これだけでも500円以上の価値があるというものだ。

コメント

You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました