2020-05

上方漫才を彩った人々(仮)

華井秀子・八千代

華井秀子・八千代は戦後活躍した女流漫才師。但し、芸歴自体は古く、二人とも戦前からの漫才師である。秀子は松鶴家団之助の妻で、良きパートナーであった。また、戦後は女道楽風の味わいを残す古風な漫才師として珍重され、三曲万歳やテレビ番組などにも出演した。
上方漫才を彩った人々(仮)

浅田家キリン

浅田家キリンとは、戦前活躍した漫才師。元は浪曲師で、浅田家朝日の門下。「キリン」の名の通り、細長く色白の顔と首がトレードマークで、この長い首を生かした「抜け首」などの珍芸で人気を集めたが、後年はしゃべくり漫才一本に絞り、独自の話芸と人気を構築した。戦後は興行師になったという。
上方漫才を彩った人々(仮)

河内家一春

河内家一春は 戦前活躍した漫才師。吉本興業が漫才路線を進み始めた頃の看板であった。元々専売局の役人で、官吏として活躍していたが、思う所あって漫才に転向。初代河内家芳春に入門し、河内家一春と名乗った、という変わり種の漫才師でもある。
上方漫才を彩った人々(仮)

荒川光月・藤男

荒川光月・藤男は戦前活躍した漫才師。吉本興業が漫才路線に走り出して以来の古老で、河内音頭や数え歌など古風な漫才を得意とした。また、実直で素直な人柄は多くの人に愛され、時にネタにされる事もあったそうな。
上方漫才を彩った人々(仮)

松鶴家團之助

松鶴家団之助は、戦前は吉本系の寄席で活躍した漫才師であり、戦後は天王寺村の顔役として活躍した一人。難波利三『てんのじ村』などにそのモデルらしき人物が出るなど、戦後、関西芸能界の顔役として知られ、「村長」の愛称で慕われたという。カバ漫才という独特のネタを演じた。
上方漫才を彩った人々(仮)

鹿島洋々

鹿島洋々は戦前・戦後活躍した漫才師。元は落語家で、桂助六の弟子からの笑福亭福円の門下生に移った。「笑福亭福之助」と名乗っていたが。後年、「鹿島に洋々立ちする」という意味を込めて鹿島洋々と改名。夢路いとし・喜味こいしの傑作『ポンポン講談』の原作を作った人として知られている。
上方漫才を彩った人々(仮)

浅田家朝日

浅田家朝日は戦前活躍した漫才師。浅田家一門の総帥でもある。戦前人気を集めた浅田家日佐丸は実の弟。拍子木で相方をぶん殴る漫才を確立し、初期の暴力漫才の礎を作った。多くの弟子を育成し、浅田家一門の栄華を誇った功績も挙げられよう。弟子の中からは浅田家寿郎、孫弟子には吾妻ひな子や平和ラッパが出た。
上方漫才を彩った人々(仮)

平和ニコニコ・喜楽家花楽

平和ニコニコ・喜楽家花楽は戦前活躍した漫才師。ニコニコは初代と二代目が存在する。初代は漫才が勃興した時代からの大御所で、幼少時代のミスワカナとコンビを組んだこともある。二代目はその弟子。花楽は太夫元の娘として生まれ、剣舞や芝居に優れた女傑として活躍を続けたという。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました