上方漫才を彩った人々(仮)

上方漫才を彩った人々(仮)

都家駒蔵・花菱蝶奴

都家駒蔵・花菱蝶奴は、戦前戦後活躍した漫才師。男女コンビであるが、夫婦ではなかったという。駒蔵は「飴売り唄」を筆頭に、物売りの唄や物真似がうまく、小沢昭一『日本の放浪芸』に採録された。ある意味、異色の漫才師である。
上方漫才を彩った人々(仮)

花月家花奴・山崎登吉

花月家花奴・山崎登吉は、戦前活躍した夫婦漫才師。漫才師としては古く、大正年間から一枚看板として君臨した。山崎登吉は当時として珍しく、本名が芸名と兼任という形をしていた。
上方漫才を彩った人々(仮)

河内家二蝶

河内家二蝶は、上方漫才の創成期に活躍した漫才師。河内家芳春・千代鶴の門弟だったらしいが、謎は多い。兄弟弟子の二代目芳春とコンビを組み、昭和初期に活躍した――が、漫才が勃興する以前に、いなくなってしまう。
上方漫才を彩った人々(仮)

松本庫吉・杵屋芳奴

松本庫吉・杵屋芳奴は、 戦前活躍した漫才師。民謡をベースに、庫吉の楽器演奏、芳奴の三味線との合奏を売り物にした。庫吉は、三味線奏者としても知られ、多くの民謡レコードの三味線伴奏として吹き込んでいる。
上方漫才を彩った人々(仮)

庭野千草・北斗七星

庭野千草・北斗七星は、戦前・戦後活躍した夫婦漫才師。七星は若い頃のミヤコ蝶々とコンビを組んでいたことがある。庭野千草は、七星の死後、人生幸朗と再婚。生恵幸子と改名し、ボヤキ漫才「人生幸朗・生恵幸子」として一世を風靡した。
上方漫才を彩った人々(仮)

砂川豊丸

砂川豊丸は、戦前活躍した漫才師。砂川捨丸の高弟であったそうで、師匠同様古風な漫才を得意とした。近眼で有名だったそうで、「出番をなめる男」なる綽名が今日まで伝えられている。
上方漫才を彩った人々(仮)

荒川歌江

戦前戦後活躍した女流漫才師。太夫役(ツッコミ役)をさせると天下一品と称された傑物で、浮世亭出羽助、松葉家奴、都家文雄といった大看板の相手役として人気を集めた。当人もまた芸達者で知られたという。
上方漫才を彩った人々(仮)

若松家正右衛門(初代)

漫才創成期における、漫才勃興の立役者であり、大看板。阿呆陀羅経を得意とし、三つの豆木魚と拍子木の阿呆陀羅尼経を完成させた。砂川捨丸、松鶴家千代八、荒川浅丸、河内家芳春、平和ニコニコなどと共に人気を競い合い、「若松家」一門を形成。人気漫才師を育成、輩出するなど、漫才の歴史に大きな足跡を残した。
上方漫才を彩った人々(仮)

花柳貞奴・花菱〆奴

花柳貞奴・花菱〆吉は戦後活躍した女流漫才。音楽ショー全盛の中で、しゃべくり漫才を貫いた貴重な漫才であった。共に芸達者で、芸尽くしの話術を見せる点に特色があった他、巨躯の〆吉、痩身の貞奴の対比が見事であったという。 
上方漫才を彩った人々(仮)

林田十郎

林田十郎は、戦前戦後第一線で活躍続けた上方漫才の大御所。第一期の『上方演芸会』の司会を勤め、「いらっしゃいませ、こんばんは」を流行語にするなど、関西弁の啓蒙にも一役を買った。頭でっかちの雁玉とは対照的に痩せ型で面長な所から「サエラ(さんまの意)」と綽名された。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました