上方漫才を彩った人々(仮)

荒川歌江

戦前戦後活躍した女流漫才師。太夫役(ツッコミ役)をさせると天下一品と称された傑物で、浮世亭出羽助、松葉家奴、都家文雄といった大看板の相手役として人気を集めた。当人もまた芸達者で知られたという。
上方漫才を彩った人々(仮)

若松家正右衛門(初代)

漫才創成期における、漫才勃興の立役者であり、大看板。阿呆陀羅経を得意とし、三つの豆木魚と拍子木の阿呆陀羅尼経を完成させた。砂川捨丸、松鶴家千代八、荒川浅丸、河内家芳春、平和ニコニコなどと共に人気を競い合い、「若松家」一門を形成。人気漫才師を育成、輩出するなど、漫才の歴史に大きな足跡を残した。
上方漫才を彩った人々(仮)

花柳貞奴・花菱〆奴

花柳貞奴・花菱〆吉は戦後活躍した女流漫才。音楽ショー全盛の中で、しゃべくり漫才を貫いた貴重な漫才であった。共に芸達者で、芸尽くしの話術を見せる点に特色があった他、巨躯の〆吉、痩身の貞奴の対比が見事であったという。 
上方漫才を彩った人々(仮)

林田十郎

林田十郎は、戦前戦後第一線で活躍続けた上方漫才の大御所。第一期の『上方演芸会』の司会を勤め、「いらっしゃいませ、こんばんは」を流行語にするなど、関西弁の啓蒙にも一役を買った。頭でっかちの雁玉とは対照的に痩せ型で面長な所から「サエラ(さんまの意)」と綽名された。
上方漫才を彩った人々(仮)

吉田茂

吉田茂は、戦前戦後活躍した漫才師。総理大臣・吉田茂と同姓同名であるが、全く関係はない。難波利三の代表作で直木賞受賞作『てんのじ村』の主人公、花田シゲルのモデルでもある。「かぼちゃ」なる珍舞踊を得意とし、晩年脚光を浴びた。
上方漫才を彩った人々(仮)

青柳房夫・花柳かねこ

青柳房夫・花柳かねこは、戦前戦後活躍した漫才師。長らく九州で活躍していた異色のコンビであった。女性のかつこ(かねこ、とも)の方は、高度経済成長期に大阪へ戻り、浮世亭出羽助とコンビを組んだ。
上方漫才を彩った人々(仮)

小松まこと

小松まことは、大正から平成にかけて80年近く活躍した漫才師。「後ろ面踊り」を十八番とし、珍芸の第一人者として多くのテレビや寄席に出演。この珍芸は林家染丸一門に受け継がれ、「わろてんか」で披露されたこともある。
上方漫才を彩った人々(仮)

羽田たか志・二葉由紀子

羽田たか志・二葉由紀子は、高度経済成長期から2010年代まで長く活躍した夫婦漫才。たか志は吉本興業最古参の一人であり、人気漫才「ショウショウ」の羽田昇司の両親でもある。アコーディオンと歌曲をうまく用いた夫婦漫才で堅実な人気を集めた。
上方漫才を彩った人々(仮)

クレバ栄治

クレバ栄治は、戦前戦後長きにわたって活躍をつづけた曲芸師。幼い頃にアメリカへわたり、同地のサーカスや劇場で活躍。世界を股にかけ、帰国後は大阪吉本の一枚看板として君臨。西洋仕込みの曲技・曲芸を寄席芸として定着させた。戦後は吉本に復帰し、最長老として活躍した。
上方漫才を彩った人々(仮)

横山東六と横山ホットブラザーズ

横山東六と横山ホットブラザーズは戦前戦後活躍した家族を中心とした漫才グループ。卓抜した演奏技術とノコギリの芸「お前はアホか」で全国区の人気を得た。晩年は大阪市無形文化財に指定されるなど、長きにわたり、漫才界をリードしてきた大御所である。
You cannot copy content of this page
タイトルとURLをコピーしました